どんな本が好きですか?

ディモルフォセカ

Author:ディモルフォセカ
1週間でも10日でも
外に一歩も出なくて平気。
家で本を読んだり
DVD観たりして過ごすの大好き。

2009年度から読んだ本の感想
はまっている海外テレビドラマ等を
なるべくネタばれナシで紹介します。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Google

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い指 東野圭吾 講談社文庫

赤い指 (講談社文庫)赤い指 (講談社文庫)
(2009/08/12)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾ってどうしてこう逃げの姿勢でいる人間の心理描写がうまいんだか。

そうそうそうそう って思わず肯きながら主人公に同調する人もいれば
わたしのように イライラムカムカしながら主人公に嫌悪を抱く人もいるのでは。

この人の作品で凄いなと思わせるところは
テーマが俗っぽい流行りで上っ面だけ舐めた形で終わるのではなく
時代を象徴する生活感をリアルに盛り込んで展開させているところ。

途中まで、「これあなたの家のことじゃないの」

とすら思わせる作品です。

ただ、最後は展開が早い!
もうちょっとじらしてもらっても良かったかな。
でもって切ない。
なんだか読み手まで自分を顧みさせられてしまう気がします。
スポンサーサイト

テーマ : 小説 - ジャンル : 小説・文学

<< デスパレートな妻たち  【BACK TO HOME】  ドルメン >>


◆ コメント ◆

「オホホホホーーーッ」


虹子さん、来ちゃった。アハッ
ってか、今やっと繋がったーーー!
パパ様よりスゴいわりには遅かったでしょ?

渡米後、ろくに本を読んでおらず日本語の活字に飢えております。
晴れて日本一時帰国した暁にはこの本ゲッツいたします。


「シンタようこそ!」


シンタ様

略してこれから シンタマ と呼ばせていただきます。
拒否権なしで。

ニポンのカツヂに飢えてますか!
わたくしめもここ10年は
デパートより大型書店のほうが圧倒的に行く回数が多くて
大型書店が近くにない土地なぞ住みたくないと
引っ越し先条件にも項目が新たに増える始末。

あ、そうだ
面白いドラマやってたら絶対教えてね。
字幕ないと観れないけどな。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。