どんな本が好きですか?

ディモルフォセカ

Author:ディモルフォセカ
1週間でも10日でも
外に一歩も出なくて平気。
家で本を読んだり
DVD観たりして過ごすの大好き。

2009年度から読んだ本の感想
はまっている海外テレビドラマ等を
なるべくネタばれナシで紹介します。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Google

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使に見捨てられた夜-桐野夏生-講談社文庫

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)
(1997/06)
桐野 夏生

商品詳細を見る


「顔に降りかかる雨」に続く作品なので
まず「顔に降りかかる雨」を読んでからこちらを読むことをお勧めします。

というのも村野ミロ という女性が主人公なのですが
「顔に降りかかる雨」ですっかり魅了されたところに
「天使に見捨てられた夜」というわけで
無意味に深夜の新宿二丁目に繰り出したくなったり
今からでも探偵になろうかと思ったり。

男性の描くハードボイルドって ちょっとヤニくさすぎて
胃もたれしそうな生活感がベースだけれど
ミロはだれていても何かこう、ひきつけるものがある。

なのに・・・何故か映画版ではミロ役を・・・

観たいけれど イメージが違いすぎる!!

私の中では ミロはもっと骨っぽい中性的色気のある美人なのに!

頭ぐちゃぐちゃでも
ずぶぬれになってメイクが落ちても
転んでもサマになるタイプのはずなのに!!

ミロ役の女優さんが個人的に嫌いなわけじゃないの。
ミスキャストとしか思えないの!!

ってそれは私の主観。

おおまかなあらすじの一部を紹介すると
新宿歌舞伎町のAV女優失踪
この事件を追っていく探偵ミロ。
次々と明るみに出る事実・・・

長旅のお供に最適な読み物です!





スポンサーサイト

テーマ : 小説 - ジャンル : 小説・文学

<< I'm sorry mama -桐野夏生-集英社文庫  【BACK TO HOME】  魂萌え!-桐野夏生-新潮文庫  上下巻 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。