どんな本が好きですか?

ディモルフォセカ

Author:ディモルフォセカ
1週間でも10日でも
外に一歩も出なくて平気。
家で本を読んだり
DVD観たりして過ごすの大好き。

2009年度から読んだ本の感想
はまっている海外テレビドラマ等を
なるべくネタばれナシで紹介します。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Google

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グロテスク 桐野夏生 文春文庫(上下巻)

グロテスク〈上〉 (文春文庫)グロテスク〈上〉 (文春文庫)
(2006/09)
桐野 夏生

商品詳細を見る


グロテスク という表現は普段会話の中で視覚的な部分で使われることが多いと思うが
このタイトルで使われた表現は 心理や精神の部分を指していて
読んでいる最中、じわじわとそのグロテスクさ加減を味わうこととなる。

この小説は「東京電力女子社員殺害事件」が素材とされている。

そしてその事件は学歴社会、競争社会の中で
心の闇を浮き彫りにするかのような被害者の私生活に 多くの人々が心を乱され
週刊誌からテレビ番組にまで連日取り沙汰され、多くの小説も出版された。

読み始めた時点では東電OLのことが頭の片隅に存在していたけれど
どんどん彼女の存在は薄れ、登場人物それぞれにのめりこみ
あたかもストーリー担う「わたし」になりきる自分に気が付く。

女性にしかわからないであろう本能的でいて計算高い心理も含まれていて
何かと周囲の女性と己を比較しては一喜一憂するような人・・・
いや、みんなそれぞれこういう部分を持っているはず。

特に女性にお勧めしたい一冊です。





スポンサーサイト

テーマ : 小説 - ジャンル : 小説・文学

<< 水の眠り灰の夢 桐野夏生 文春文庫  【BACK TO HOME】  リアルワールド 桐野夏生 集英社文庫  >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。