どんな本が好きですか?

ディモルフォセカ

Author:ディモルフォセカ
1週間でも10日でも
外に一歩も出なくて平気。
家で本を読んだり
DVD観たりして過ごすの大好き。

2009年度から読んだ本の感想
はまっている海外テレビドラマ等を
なるべくネタばれナシで紹介します。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Google

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水底から君を呼ぶ-大石圭-光文社

水底から君を呼ぶ (光文社文庫)水底から君を呼ぶ (光文社文庫)
(2006/09/07)
大石 圭

商品詳細を見る


大石圭は、女に聡い。

そう感じた作品。

ギャップを味わうことで
日常のストレスを払拭する社会人は多い。

この作品は 今この初夏の季節に面白いのではないか。
映画としても見てみたい。
そんな期待がうっすら顔をだす。

ホラーとしてというより
私からしてみると
女心の勉強のひとつにもなるのではと思う作品です。

男性のほうに お勧めかも。




スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

<< 死人を恋う-大石圭-光文社  【BACK TO HOME】  虹の扉 箸休めりくえすと-マルの巻- >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。